MENU

CLOSE

サロンと美容クリニックでの脱毛の違いとは?どちらを選ぶ? 

サロンと美容クリニックでの脱毛の違いとは?どちらを選ぶ? 

288views

カテゴリ:未分類

脱毛サロンと美容クリニックの脱毛について!

女性の脱毛は今や常識といった感じで当たり前になっていますが、初めて脱毛をする人は、脱毛サロンか美容クリニックかのどちらで行えばいいのか分からないという人もいるでしょう。それぞれの脱毛の違いについて見ていくことにしましょう。

脱毛サロンでのIPL脱毛!

IPLによる脱毛は、主に脱毛サロンやエステなどで行われている脱毛方法です。IPLとは、intense pulsed lightの略で、広帯域の光エネルギーによって、毛根のメラニンに働きかけることにより、毛根にダメージを与え、毛を弱らせて脱毛を促していくというものです。

照射の威力がレーザーよりも弱いため、医師でない施術スタッフでもトラブルなく、安全に使うことができます。IPLによる脱毛は、まず脱毛箇所にジェルを塗り、光の吸収を促しやすい状態にしてから行います。

痛みの感じ方には個人差があり、部位などによっても違いますが、通常はゴムに弾かれたようなわずかな痛みを感じる場合が多いようです。そして、IPL脱毛は、レーザー脱毛と比較して出力が弱いため、毛が薄くなるまでに、通常は1~2年程続けて通う必要があります。

嬉しい美肌効果もあるIPL脱毛!

IPLの機器は以前からエステサロンでもよく使われており、元はこちらの使用が主流でした。主に、美肌目的に使用されており、赤ら顔やニキビ痕、肌のくすみや毛穴の引き締めなどの改善に効果があると言われています。

これらのことからIPLには、脱毛と同時に美肌効果が期待できます。また、IPL脱毛は痛みなども少ないことから、顔の脱毛にも向いています。そして、光の照射面積が広いため、全身脱毛の場合も短時間で施術することができます。

クリニックでのレーザー脱毛!

医療機関などの美容クリニックで行う脱毛の多くはレーザー脱毛ですが、肌と毛質に合ったレーザーを使うことが重要です。それぞれに機器の特長があり、また、美容クリニックによっては、複数の機器を毛質などの違いにより使い分けているところもあります。レーザー脱毛に使われている機器の特徴については、以下の通りです。

  • アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素のみに反応するという波長が特徴です。脱毛だけではなく、シミやニキビ痕の治療にも使われており、肌の引き締め効果などもあるため、自己処理で傷めてしまいシミになった肌や、色素沈着などを起こした肌なども綺麗にする効果が期待できます。

  • ヤグレーザー

ヤグレーザーは、他の機器に比べて皮膚の深い部分にまで熱が届くため、濃く太い毛を脱毛する際に適しています。また、メラニン色素への吸収率は低いですが、その分日焼けしている肌などへ脱毛施術を行う際には、特に安全性が高いと言えます。

  • ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、特に、細い毛への脱毛効果が高いという特徴があります。また、皮膚へのダメージを和らげる集中冷却システムも備わっているため、日焼けや色素沈着した肌にもよく使用されています。

  • ライトシェア・デュエット

ライトシェア・デュエットは、ダイオードレーザーの最上位機種になります。日本人の肌質や毛質に最も適した機種とされており、皮膚を吸引しながら照射できるため、対象のムダ毛を効果的に脱毛することができます。また、冷却やジェルなしで施術できることも特徴です。

脱毛サロンと美容クリニックの選び方!

これらのことから、美容クリニックでの脱毛は、ドクターが行うという点で肌トラブルなどが起こった場合も安心感がある一方、価格が高くて、痛みも強いこともあり、全身脱毛などは諦めてしまう人もいるでしょう。

また、脱毛サロンやエステでの脱毛は、比較的低価格で行うことができ、痛みも少ないため選択しやすいかもしれません。脱毛サロンで初めて脱毛を行う場合は、まずは、お試しコースや体験コースでの施術をおすすめします。そして、どちらを選ぶにしても、自分の目的や予算に合った方を選ぶことが大切です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事