MENU

CLOSE

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの脱毛機器の種類と違いを比較

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの脱毛機器の種類と違いを比較

248views

カテゴリ:未分類

脱毛サロンの脱毛機器の種類と違いの比較

脱毛サロン(エステ)で行っている脱毛の機器の種類は、ニードル脱毛とフラッシュ脱毛があります。前者のニードルは、針・電気によって毛根に熱ダメージを与えます。ニードルは毛穴一つ一つを処理するので時間もかかります。15年までは一般的な脱毛方法で5ミリから10ミリくらい毛を伸ばした状態で施術をしていました。

現在ではあまりの痛さに通えない、肌の炎症を起こすなどのトラブルも多くおすすめできません。費用も両わきで20万円から40万円かかります後者のフラッシュ脱毛は、IPL(インテルス・パルス・ライト)などの光によって毛の再生力を弱らせる目的で、毛根のメラニンに働きかけ脱毛を行います。

カメラのフラッシュのような光なので「フラッシュ脱毛」と呼ばれています。この機械はもともとフォトフェイシャルという施術で使われていて、毛穴を引き締める目的でしたが、これによって毛が薄くなったというレポートがあり、ドクターの間で検証が行われ、脱毛効果が確認されて、サロンでも使われるようになりました。脱毛以外に美肌効果もあります。

一番の人気部位のわきをお試ししたい初めての方は、ミュゼプラチナム脱毛サロンをおすすめします。ミュゼは大変安いのに効果はきちんとあります。途中で契約を解約しても手数料はありません。両わきとVライン回数無制限と選べる部位2か所が400円のキャンペーンを実施中で無理な勧誘もありません。

ジェイエステの脱毛サロンも初めての方も安心して脱毛できます。両わき12回とお好きな部位が600円です。年4回で3年間の回数制限がありますが、そのあと、わきは5年保証があるので、実質回数無制限です。また、契約前に1ショット無料体験もできるので安心です。

7か所以上脱毛したい箇所があるなら全身脱毛を申し込むのがお得です。脱毛サロンの銀座カラーは回数無制限の通い放題の全身脱毛が月額6800円(税抜き)総額197,650円から受けられます。

医療脱毛クリニックの脱毛機器の種類と違いを比較

医療レーザー脱毛はレーザーを使って脱毛を行い、脱毛効果が高いです。医療用レーザーも波長の違いから3種類に分かれますが、反応する組織が違います。波長が長いレーザーは多くの組織に深く優しく反応し、波長が短いレーザーは黒い組織であるメラニン色素に反応します。

波長が長ければ効果が低くなりますが、痛みの少ない脱毛ができ、波長が短ければ効果が高く痛みも強くなります。ダイオードレーザーが日本で行われている医療レーザー脱毛で一番使われている機器です。レーザーの波長が日本人の肌に合い、負担が少なく効果的な脱毛を行うことができます。

ヤグレーザーはレーザーの波長が1064mmと長くレーザーの光が肌の奥まで届くので、VIOやわきなどの濃く太いムダ毛に効果的です。アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという鉱石を使用したレーザー脱毛器です。歴史も長く現在でも使用しているクリニックが多くシミやあざの治療にも利用されています。メラニン色素に反応しますが、痛みも強いです。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いは、脱毛サロンは医療脱毛の30%と料金も手ごろで、地域を問わずあちこちにあり、脱毛時の痛みが少ない光脱毛が主流となっています。エステサロンはレーザー脱毛の永久脱毛効果がある脱毛器が使えないため、またムダ毛が生えてきて通わなければなりません。

また、ミュゼなどの人気サロンは予約が取りづらく、1年に3回から4回しか通えず、脱毛完了までに平均12回は必要なので3年くらいの期間がかかります。医療脱毛クリニックのレーザー脱毛は永久脱毛ができ、医師がいるのでやけどなどトラブルの時もきちんと対応できるので安心です。

予約も取りやすいので生理時でも予定変更ができます。しかし、レーザー脱毛はかなり痛く、料金も高いです。レーザーのパワーが強いためやけどなどのリスクも起きやすいです。医療脱毛はサロンと比べ脱毛効果が高いです。今回は脱毛サロンと医療脱毛クリニックの脱毛機器の種類と違いを比較しました。よく検討して、脱毛する際は失敗しないよう脱毛サロンか医療脱毛クリニックを選んでください。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事