MENU

CLOSE

安心で安い!身体の疲れも癒せる脱毛サロンの魅力!

安心で安い!身体の疲れも癒せる脱毛サロンの魅力!

254views

カテゴリ:未分類

脱毛サロンの処理は肌への刺激が弱い

低刺激で安全な処理

脱毛サロンでは、一般的な自己処理と比較して低刺激で安全な脱毛器を使って処理を行います。ただ、一般的な処理と違うとはいっても、原理的に利用できる脱毛器に関しては一般人が使えるものに限定されている事実もあります。

これは、脱毛サロンで専門的な医療機器を扱うことを法律が許していないからです。そのため、一般人が利用する脱毛器の延長ではあるものの、特殊な業務用の脱毛器を使っているのが実情です。

  • 光脱毛
  • IPL

光脱毛は、インテンスパルスライトを利用して行われている施術なので、光脱毛もIPLも意味合い的には全く同じです。光の波長には様々なものが含まれていて、それを人間の肌に対して照射するのに都合の良い波長に変化させると、体毛だけを綺麗に処理できる脱毛器を作ることができます。

実際に、光を利用した脱毛器として使われているものの原理はほとんど同じです。例えば、医療機器として利用されているレーザー脱毛器も、基本的な構造や原理は光脱毛と変わりなく、ただ肌に対して照射される出力がそれぞれで異なっているに過ぎません。

こうした出力の違いの中でも、特に低出力で肌に対する刺激が小さいものが、脱毛サロンで利用されている光脱毛です。

自己処理に近い光脱毛

脱毛サロンで行われる処理は、専門的なレーザー脱毛と異なって、自宅で行われる自己処理に近い形で処理が行われます。実際に、脱毛サロンで使われている専門の脱毛器は一般家庭でも使うことができますし、そうした脱毛器を一般人が購入することも禁止されていません。

これは、専門的な資格を有していないと取り扱うことができないレーザー脱毛とは大きな違いであると言えます。光脱毛もレーザー脱毛も、光に含まれているエネルギーを利用して脱毛を行います。光には熱エネルギーという体毛に働きかけるエネルギーが潜在的に存在していて、それを体毛に照射することでその熱が大きな力となります。

これが体毛を焼却する力となって、脱毛を実現させます。光脱毛の場合にはこの熱エネルギーの大きさが弱いため、素人が扱っても問題ない仕様になっているのです。

一方で、レーザー脱毛の場合はとても出力が強く、間違った方法で脱毛を行うと照射した患部が火傷の症状に近い状態になってしまいます。これは、熱の力を利用して脱毛している証拠でもあります。光脱毛が自己処理に近い脱毛なのは、専門的なレーザーよりも出力が弱く、安全に処理を進めることができるからです。

施術が可能な状態かを調べてくれる

脱毛サロンの素晴らしいところは、相手の要望に一方通行的にすべて応えるわけではなく、危ない施術になる可能性がある場合にはその申し出をきちんと断ってくれるところです。特に女性に関しては、生まれたときのホルモンバランスや身体的な特徴の影響によって、肌の状態が変化しやすい環境にあります。

こうした相手のそれぞれの肌の状況は、事前のカウンセリングによって確認してもらうことが可能です。仮に、カウンセリングの段階で安全な施術が保証できないと判断されたときには、その日は帰ってもらって後日また都合の良い日に施術をしてもらうことになります。

脱毛サロンの光脱毛は確かに低刺激で安全ですが、例えば敏感肌や妊娠を控えた女性がそれを行ってしまうと取り返しのつかないトラブルが生じてしまうこともあります。こうした施術のリスクは、事前の確認作業によってきちんと回避してくれるので安心して任せることができます。

肌が弱い人でも施術ができる

光脱毛に麻酔は必要ない

光脱毛は低刺激であるため、肌が弱い人であっても施術を行うことができるメリットがあります。これは、同じような光を使ったレーザー脱毛とは最も異なる点であるため、費用対効果の面を含めて覚えておくと良いでしょう。そもそも、生まれたときから肌に対する刺激に弱い人は、レーザー脱毛を実施することはできません。

レーザー脱毛は、光脱毛と比較して患者によっては痛みがかなり伴う手術だからです。これは、実際に手術をするときに肌に対して行われる事前のケアやアフターケアからも明らかです。

例えば、レーザー脱毛では実際に体毛処理を始める前に、レーザーを照射する部分に対して液体状の麻酔を塗布することが多いです。これは、麻酔を塗布しておかないとエネルギーの強いレーザーの威力に我慢をすることができなくなる危険性があるからです。

一度で全ての手術をするわけではありませんが、全身脱毛などの長い時間をかけた手術が必要な場合では、一度行った肌への手術のダメージの回復も考慮しなくてはいけません。一方で、光脱毛で麻酔を塗布して施術をすることはまずありませんし、そのような義務もありません。

これは、低刺激で痛みをほとんど感じないメリットがあるからです。同じ光でも、人体に対する影響が少ない分、レーザーで脱毛処理ができない肌の弱い人であっても、光脱毛ならば施術ができる可能性は高いです。

  • 光脱毛…低刺激で麻酔は必要ない
  • レーザー脱毛…刺激が強くて麻酔が必要

光脱毛は医療手術ではないので、光とレーザーは同じ原理であっても、結果は同じではないということをきちんと理解しておくことが大切です。

全身でも光脱毛は安い

光脱毛は、全身脱毛を行う際であっても医療脱毛と比較すると安いです。費用対効果に優れていますので、安く綺麗な身体にしたいときにはとても利用しやすい施術であると言えます。例えば、光脱毛を行う際の事前のカウンセリングは、予約をしておけば無料で行ってくれる店舗がほとんどです。

一方で、医療脱毛に関しては一見して無料でカウンセリングを行ってくれるように見えても、診療代などの一般的な医療に関する費用は必要になります。そのため、無料でサービスを提供するということはその性質上ほとんどありません。

全身脱毛に関しても、医療脱毛に関しては高ければ100万円近い料金が必要になることもありますが、脱毛サロンではその半額以下にも満たない価格で受けることができます。これは、一般的な店舗としてサービスを提供している脱毛サロンと、医療機関としてサービスを提供しているクリニックの大きな違いでもあります。

光脱毛は永久脱毛ではありませんが、全身脱毛を時間をかけて行うと、数ヶ月間は体毛を生えてこなくさせることが可能です。特に、全身脱毛の場合は1回や2回の施術で全ての作業を終わらせるわけではなく、何回も施術を行って徐々に体毛を薄くしていくことを目指しています。

そのため、仕上がりは非常に綺麗で、次に生えてくる体毛も細くて見えにくいものになっているのです。費用対効果の面を考えても、光脱毛での全身脱毛はお得だと判断できます。

目的別に利用が可能

脱毛サロンは、その名前の通りサロンを目的としている側面があります。つまり、身体を休めるリラクゼーションの手段として利用することもできます。もちろん、綺麗な脱毛をすることもできますが、何よりも社会生活の中で疲れた身体を休めるためにサロンは提供されていますので、脱毛サロンに行くと脱毛と疲れた身体のケアも行ってくれます。

事実、脱毛サロンの中には光脱毛だけではなく、光の高周波を用いた機器を使って日ごろの肌の疲れをとってくれます。全身脱毛から部分脱毛、そして身体のリラクゼーションまで一貫して楽しむことができますので、費用対効果は非常に高いと言えるでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事